邦画はおしゃれ

『えー?!邦画・・・?邦画なんか見ない!』

って結構な確率で言われる。

 

洋画はおしゃれで、最先端をいってるという謎の風潮がある。

邦画を見ているとダサくて時代遅れで、映画の事なにもわかってないみたいな表情をする。

 

私は最近になって気づいたが、洋画があまり好きではない。

邦画が大好きだ。

 

なんなら、邦画の方が日本人に合っているとさえ思う。

 

なぜかというと、日本人に合わせた人間の汚い部分や、いやらしさ、愛が溢れているからだ。

日本人らしさ、人間味と言ったらいいだろうか。

それを巧みに表現する俳優や、監督、脚本がそこにはいる。

繊細な部分が全てのねじが締まるように、良い加減で表現されている芸術だ。

 

邦画をバカにする人がいる。

邦画を見ない若者が沢山いる。

 

確かに、駄作と言われたりするものも存在する。

『あーこれ、映像化しちゃったかー・・・。』もある。

世間の駄作が、あなたの駄作とは限らない。

 

蒼井優の”あの”スピーチが蘇る。

何か辛いこと、悩みがあったら映画を見る。

元気があれば映画館に行ってみるのがいいかもしれない。

 


蒼井優が“行方不明”に 映画「アズミ・ハルコは行方不明」予告編

 


『何者』予告編

 


『リップヴァンウィンクルの花嫁』予告編