社会的責任と保障を受けるオカマ

ここ数か月、一生懸命働いています。

 

yutoriokama.hatenablog.com

 

2017年に入って、この仕事(バイト)を続ける事は出来ないって思った時に新しい仕事を探しました。

案の定、過去記事を書いた日から以前の職場には行かなくなり、人間として最低な退職をしましたが、モラルのない経営者から離れた精神的な開放は私にとって、とても大きい事でした。

 

そして私は数年前に退職した、自分がやりたいと思った仕事に戻りました。

 

あぁ私はふつうの生活も、安定した収入のある仕事は出来ないんだなぁー。

貧乏でもやりたいと思った仕事しか出来ないと、確信しました。

 

なので先月、アルバイトですが社会保険に加入させてもらった時に大変うれしかったです。

人生、初めての経験です。

 

私の日常は、そこまで社交的ではないし、いつも笑っているような明るい人間でもありません。

だけど、そこに行けば素敵な人達が働いていて、自然と楽しい気持ちになるし、ポジティブになれる。

自信を保てる不思議な魅力のある職場です。

 

仕事に情熱にもてるのは、やはり、やりたいか、やりたくないか。

自分がどうありたいか。

が、とても大事だなって思います。

 

私はいつ死ぬか分からない、明日死ぬかもしれないと思って生きています。

だからか、楽しい事をどうしても選びがちです。

お気楽で、良い事ではないかもしれません。

 

一生懸命働いてる会社員も、力仕事をしている人たちも尊敬しています。

ただ、自分の仕事に不満を抱いて愚痴ばかり言う人は尊敬できないです。

 

魅力的である上司に私もなりたいのです。