いつかではない、今日

人に期待するとは、自分に期待している事と同じだと気づいた。 ○○さんなら、大丈夫。 些細な甘えが大きくなって期待に変わる。 相手のキャパシティを越えてしまう事を要求してしまう。 グラスの水が永遠に溢れて止まらない。 溢れてしまっている事に私は気づ…

邦画はおしゃれ

『えー?!邦画・・・?邦画なんか見ない!』 って結構な確率で言われる。 洋画はおしゃれで、最先端をいってるという謎の風潮がある。 邦画を見ているとダサくて時代遅れで、映画の事なにもわかってないみたいな表情をする。 私は最近になって気づいたが、…

nagoya dream

私は人生から逃げることが多い。 目を瞑って、考えて、でもまとまりがつかないから、とりあえず衝動的に行動してしまう。 私が初めて一人暮らしを始めたのは18歳を目前とした17歳の時だ。 愛知県の名古屋市に、17歳の私は向かった。 初めての土地、一…

緊迫された大都会で

無性に言葉を文字にしたくなる時がある。 考えを言葉にして、空中に浮かべたくなる。 空気に変わって振動し、そして自分の前から消えていく言葉に感動する。 やっぱり、私は言葉が好きだ。 デジタルを断捨離すると、誰かに想いを伝えたくなる。 知人では駄目…

瞬き

mainichi.jp 凄い記事をつい最近、見つけた。 私はLGBTの一人で、まだ手術を受けていない。 だから戸籍も産まれた時のままだ。 不便だし、生きにくい。 私が自分と向き合い、生きてきて10年くらいになる。 長いようで、あっという間だったかもしれない。 …

腐敗して俯瞰される

自分はいつまでも特別で、この世界の中で唯一の存在とずっと思っている。 だからこそ、人を妬むし、羨んだりするんだと思う。 いつでも決断を委ねられている。 けど、それってあるべき場所に物があって、必要とされる物にだけ意味があるのと一緒で 私たちは…

期待されるリーダーと自由人

卑屈になって大人の意見を聞かずに、自分の理想や夢を投げ捨てて、思いもしてないことを口にする格好の悪い人間になってしまった。 夢を語る事は恰好いい事。 分かってる。 けど、自分がその理想とかけ離れた無謀な事を口にする勇気や自信がないから。 自分…

ピザ屋の彼女になってみたい

Why? 日常でありふれてるホワイ? 与えられる事よりも、枠の中に居ながらも自分で何かを創りだすのが好きな私です。 列に並ぶのはとても苦手で、だけど注目を浴びるのも本当は好きではありません。 誰かに何かを伝えて、それが伝染していって、いつかその誰…

罪と罰

毎日お疲れ様です。 先日、エリアマネージャーとの面談がありました。 ただ今、ブラインドタッチの勉強中、私です。 私が今働いてる場所の大人達は本当に恰好がいいです。 毎日、思います。 ただ恰好いいだけでなく、周りの様々な人、事に気づく。 兎に角、…

感動刹那

感動したことありますか? 心が動いた事がありますか? Experience=経験。 感動とは自分が思っている予想外の事が起き、それが更に期待を上回っている事だ。 思っている以上の事が起きないと人間は感動をしないのだ。 自分の価値観という狭い世界の中で私達…

社会的責任と保障を受けるオカマ

ここ数か月、一生懸命働いています。 yutoriokama.hatenablog.com 2017年に入って、この仕事(バイト)を続ける事は出来ないって思った時に新しい仕事を探しました。 案の定、過去記事を書いた日から以前の職場には行かなくなり、人間として最低な退職をしまし…

大人が跳ぶ時

私は今26歳だ。 十分に大人であり成人しており、選挙権と税金を納める義務がある。 それでも私の両親からすれば、私はいつまでも子供であり、私から見る年上の人たちは大人だ。 大人がジャンプして跳ぶ瞬間を見るのってどれくらいだろうって言うくらい、大…

連続した青春

今の仕事を説明しようと思ったら、「連続した青春」というしっくりくる言葉が思い浮かんだ。 私の人生に青春と感じる時期はなかった。 苦痛や不安、誰にも言えない事の方が多かったから。 私は今、連続した青春の中にいる。 毎日同じ事をしているけど、同じ…

きょうは会社やすみます

一つ問題が過ぎても新たに問題が起こる。 不思議な事。 職場に退職のお話しをしたら、ボロクソに言われて、説得を受けた私。 確かに、根性がないかもしれない。 筋が通ってない、礼儀がない、恩を返せてない。その通り。 共感できる。 年明けという事もあっ…

最近の春樹について

またまた本の話。 電子書籍移行の話は、紙の消費を抑えるという考えがしっくり来たので今年から新刊に限っては電子書籍を購入予定。 既刊は中古を探して紙のものを、電子書籍のセール、図書館の利用をしようかなと思う。 ストイックにやってるわけではないが…

焼きたてのチーズケーキと冷えたチーズケーキ

細木数子先生的に私は大殺界を抜けた年になります。 確かに去年末から良い事が続いてると感じます。 実は以前働いてた職場で働けることになりました。 マイナンバーで退職した職場です。 恥ずかしい事に、その仕事を心底愛していたのでマイナンバーで退職し…

約90冊の本を読みました

2016年は90冊くらいの本を読んだ。 高認の勉強に没頭していた時期があったからと言い訳しようと思ったけど、ほぼほぼ無職のようなフリーターの生活をしていたのに何を言う。 もっと本を読む時間があるんだからyoutubeなんて見てないで本を読め、私。 …

1年で1番に孤独を感じる日

去年も今年もクリスマスから年末年始にかけて孤独を感じた。 暖かい光など感じない寒い部屋の中で一人で私は居た。 全ての事柄に終わりがくるように、扉が開けば母親が帰ってくる。 私の体温ではない、別の何かが部屋を暖めてくれる。 日が暮れて大事な人と…

オカマと自分の事を呼ぶオカマ

物事を伝えるのに分かりやすく、そして簡単に伝えれることがある。 性同一性障害です、MtFです、LGBTです。 普通に生きている人は私みたいに私たちのことを知らないし、視覚や聴覚で得られる情報で私自身のことを見ている。 2年間かけてやっと自分の事をカ…

捨てられる子、捨てる親

近況を書こうと思う。 ・GIDのセカンドオピニオンが終わる。 16歳から個人で輸入した女性ホルモンから、もう少しで10年がたとうとしている。 途中で服用していない時期も随分あったが、体調や精神にさほど影響していないと思いたい。 親友の性転換した子が女…

迷宮のweekend

高等学校卒業程度認定試験は無事に合格していました。 個人的に予習していないところが多くてとても不安でした。 また、あの会場に行くのは気が重い気持ちだったので安心しています。 結局、試験終了後から仕事探しを始めました。 本当は大学に行きたかった…

高卒認定試験とそのあと

8月3日、4日に試験を受けてきた 以前の記事でも書いたが高卒認定試験を受けてきた。 試験会場が学校だったためにとても緊張したし、1科目めはテスト中に指先が震えた。 ホルモンバランスの乱れでとても緊張しやすくなったし、ホットフラッシュ症状もひど…

7月16日

その日その日にタイトルをつけるとしたらきっと素敵な日だと思う。 タイトルをつけない日が何もなかった日かというとそういう事はない。 ニート生活を満喫している私ですが、最近の事を。 メゾン・ド・ヒミコ メゾン・ド・ヒミコ 通常版 [DVD] 出版社/メーカ…

婚約者とセフレと男

まるで大きな旅に出たような疲労感と大事な人を失ったような喪失感を味わっている。 私にとって、セックスはとても大事な事で食事や仕事、趣味、人によって大切な事は違う。 果たして『貫通』したことない私は今までの行為がセックスかと言えば違うかもしれ…

オカマの本棚

今週のお題「わたしの本棚」 偉そうに本の話題を。 今現在、まだ読んでない本は30~50冊ほど本棚にあります。 私の本の買い方は書店で気になった本、好きな作家の本、誰かが薦めた本です。 ブックオフでの中古本もよく利用します。その時にまとめ買いを…

目薬をさす時に身体が震える

最近図書館巡りにはまっております。 パン屋さん巡りにもはまっていたんですがその次は図書館。 私の住んでいる市内の図書館は一か所しかなく、立地条件もあまり良くなく、雰囲気もあまり好きではなかったので一度だけ行ったきりでした。 つい最近隣町の図書…

最初の記憶の本

はじめて両親にプレゼントされた本は星の王子さまです。 クリスマスの日で、朝目覚めたら枕元においてありました。 私の家は一度台風の浸水被害にあってるのでその時にその本もダメになってしまいました。 何度も何度も読み返してるわけではないですが、好き…

一か月後にオカマの中卒が高卒認定試験を受ける話

突然、勉強したい気持ちになりました。 資格も学歴もないオカマが将来生きるためにはどうしたら良いか必死に考えてみました。 その結果、勉強したくなりました。 正直に言うと。 高校中退したことも後悔しているし、数年前にも大学に行きたいきもちがありま…

悲しみのイレーヌ

たぶん、悲しみのイレーヌを買ったのは発売日だったと思う。 読んだのは昨日だけども。 その女アレックスは読んだことがない。 なので、ピエール・ルメートルの作品は今作が初めてだ。 私はもともと海外小説は苦手だ。 読んでみたい興味はあるけども書き方が…

村上春樹とオカマ

私が村上春樹に出会ったのは19歳のころだった。 今まで、名前は聞いたことあったけど知らなかった。 村上春樹と村上龍の違いが分からないくらい、興味がなかった。 そんな私は当時、東野圭吾や嶽本野ばらを読んでいた。 余談ですが、「変身」と聞いたら私…